昨日、病院に行って薬を塗ってもらったので、なんだか早く治りそうな気配のふうさんの耳です。

早めに病院に行って良かった❗

赤みも引いて、腫れも引いてきた感じです。

今からおやつの時間。

待機中ぶひ!

待ちくたびれた?

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  
Category: ふうのこと

深層性の濃皮症

僕、大左エ門です。

お正月からふう兄は、病院へ行ったので、僕はお留守番でした。

ふう兄は、左の耳のつけ根が赤く膨れて、なんか化膿してるみたいで、耳のつけ根のところの毛をバリカンでハゲにされました。ヒヒヒ🎵

よく夏場に指にこんなんができますが、耳に出来たのは初めて。

正月早々病院にお世話になりました。

とりあえず、塗り薬で様子を見ることになりました。これでダメなら飲み薬にするそうです。

深層性の濃皮症らしいです。内側で細菌が増えてしまって化膿するんだとか。

やっぱり年を取ってきて免疫力が落ちてるのかな。

こういうの出来やすい体質なのかな。

今年も病院通いが続きそうです。

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  
Category: ふうのこと

こんな症状<呼吸>

今年の4月はロクな月ではなさそうです。

実家の父が今週、検査入院してバタバタしていましたが、おとやんも声がでなくなるほどの風邪をひき、ふうさんも呼吸がず~っとイビキをかいたような状態で昨日は病院に連れて行きました。

昨日の午後のふうさん。(注:いびき音が流れます)


朝、起きたときから元気がないなーと思っていました。
ご飯もボソボソと元気なく食べるし、大左エ門にちょっかいをかける元気もなくて、どうしたのかな?と思っていたら朝8時ごろから、ず~っとブヒ~ブヒ~っとイビキみたいなのが止まらなくて、鼻づまりで口呼吸しかできないみたいな。
横になって寝るのも苦しいのか、こうして座ったままウトウトして、ぶひ~ぶひ~って言い続けてました。

病院に行ったらすぐに3本(気管支拡張剤・ステロイド・抗生物質)注射されて様子を見てくださいと・・。

夏場の暑い時のハァハァとは違って、ずっと鼻をならしてたので、何かが起こっていたに違いありませんが、特に検査するわけでもないので、症状から推測のみ・・・。
原因は、わかりません。
歯周病?右耳の耳ダレ?それとも前日の夜、めずらしく豚肉とキャベツの炒めたのを晩御飯で食べたので、豚肉アレルギー?
気管虚脱とか鼻腔狭とか軟口蓋は多分、多少長いとは思うけど、突然、ずっとこんな症状になるのか・・・?

などなど。

何度か病院へ連絡したりして、夜、もう一度ステロイドの薬を貰いに行って、実父の病院とふうさんの病院と今週は、病院ばっかりです。
(ちなみにおとやんは、病院へは行かずじまい。とにかく寝て休養)

夕べは、ふうさんは保冷剤の首巻をして寝て、ズーズー言いながらもそこそこ寝たみたいで、今朝起きたらズーズーもせずに座っていることができました。
いつものパワフルさは、ないものの、ごはんも普通に食べたし、散歩も軽くできたし、症状は改善されたようで一安心しています。

それにしても田舎は専門の先生がいないので、何かあったら一番近くても隣県まで行かないといけません。
犬の呼吸器の専門のお医者さんが神奈川のほうにいらっしゃるらしいのですが・・・。
田舎のわんこは、人間でいうところのいわゆる町医者に頼るのみなんですよね。
人間もそうですが、専門の先生に診てもらおうと思うと田舎は、やっぱりなかなか難しい。

ふうさん、もう少しの間ステロイドを投与することになりそうです。

私も今朝方は、偏頭痛で寝れず・・・。
お仕事は実父のことがあって、今日までお休みをもらっているので助かりました。

dai160406.jpg

こやつだけ元気。

さて、これからまた病院へ行ってきます。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  
Category: ふうのこと

9歳。

すっかり野放しのブログ出雲ぶっひ~ずです。

みなさん、お元気でしたか?
出雲ぶっひ~ず、8月の様子をなるべく、はしょって書いてみようと思います。

まず8月1日。
本来ならきちんとした記事を書くべき日。
ふうさんの誕生日。
9歳にもなると誕生日の記事でさえまともに書けないとは、ごめんよふうさん。

20150801fuu.jpg

今年のケーキは、こんなでした。
もちろん美味しく2ぶひで完食。

9歳になっても食欲は、まったく落ちることがありません。
おかげさまで、まだ椅子にもひょいひょいと飛び乗ります。
でも階段は、たまに踏み外しそうになるところなんかは9歳かなと思います。

さて、なるべくはしょりますので、8月1日から一気に時は8月16日です。

今年も私の実家へ1泊。
2015dai0815.jpg

平民の象徴「ゴザ」の上でまどろむ大左エ門。
大変よくお似合いです。
「ゴザ」が・・・。

2015buhi0814.jpg

あら。ちょっと大左エ門、出世しましたか?
ふうさんは、直接ゴザの上に座っていますが、大左エ門が敷物の上に座っています。

まぁこれは一時のことですが。


そして、さらにはしょって月末。

2015fuu0902.jpg

まどろむふうたれ。
気持ちよさげです。
若い時と比べるとやっぱりまどろむ時間は長くなっているようです。
まぁそこんとこが9歳ですね。

しかし、好きな時にゴロゴロとして寝ているくせに、私が先日体調不良で仕事を休んで寝ていた時には、オモチャを持ってきて「遊べ!」と訴えていました。
よく愛犬というものは飼い主の体調が悪い時や悲しんでる時などは、隣で静かになぐさめるようにそばにいてくれるなどという美談を聞きますが、まぁ世の中には例外というもがつきものということですな。

maya20150903.jpg

その前なんぞは、人が寝ているところにガジガジ棒を咥えて持ってきて、人の顔に落としやがった!て行かれました。
わざとですよね?

このように、変なふうに賢いふうさん。
9歳です。

これからもまだまだ元気でいておくれ。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  
Category: ふうのこと

健康診断パート2

ふうさん、昨日かかりつけの病院で健康診断を受けてまいりました。

昨年10月に別の病院で血液検査を受けたときから4ケ月弱の間に体重が1キロぐらい減っております。
特に食べる量が減らしているとかではないはずなんですが・・・。
それが気になる~ということで、今回かかりつけでも健康診断をしてもらうことになりました。

結果は・・・・とりあえず重大な問題はみつかりませんでした。



ただ、10月もだったのですが、やっぱりグロブリンの値が標準より高い。
高いといってもほんのわずか高いだけなので、今のところ問題になる数値ではないとのこと。

今回、もうひとつ数値が高く出たのがALT(GPT)。
肝疾患の数値ですね。
ただ、これももしかしたら翌日計ったら基準値内かもしれないからということで、とりあえず経過観察。

今回は、血液検査のほかにエコー検査もしてくれました。
やるときは、やってくれる、かかりつけの獣医・・・・(笑)
いつもは、気になることがあっても検査らしい検査はしてくれないなぁと不満に思うときがあるけどね。
エコーは、膀胱、胆嚢、脾臓。
膀胱、前立腺あたりは問題なし。脾臓も問題なし。
ところが、胆嚢はわずかに胆泥が溜まっていました。

もっともこれも今のところ治療の必要なしとのこと。

ALTが高かったりグロブリンも基準値ギリギリでウロウロしてたりするので、なんにしても肝臓に注意してやる必要がありそうです。

とりあえずは食事なんだけど・・・・。
もう少し勉強が必要です。

それにしてもなんで体重が減ってるのかは結局、わかりません。
特に大きな問題がなかったので。
食欲不振で体重減少ならどっか悪いとこでもあるかな?と思うけど、食欲ありありだし元気もありありだからなぁ。



でも今回、かかりつけの獣医さんで検査してもらって経過観察な点を把握してもらったのでそれは良かったなと。

しかし、今までふうさんは3つの病院で血液検査をしてもらったけど、どこも微妙に検査結果表の項目が違うんですよねぇ。

一番、細かかったのが去年の10月に受けたとこかな。
しかも測定方法がどの病院も違うのか微妙に基準値が違うんですよねぇ。
素人にはよくわかりません。

とりあえず、ここんとこデトックスがおろそかだったように思うので、デトックスを考えます。
またデトックスハーブティでも買おうかなー。

てか、自分のデトックスも考えたほうがいいと思う(汗





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  
Category: ふうのこと